HOME > MSI JAPAN HD > 人材育成

MSI JAPANの人材育成と社員教育

人材育成

MSI JAPANが今日まで続けてくることができたのも、機材力だけでは無く人と人とのつながりを第一と考えてきたからこそだと考えております。
これからも、優秀な技術力を持ち、信頼していただける人材づくりを心がけ、優秀な人材が集ってやまない組織づくりを行ってまいります。そのために、MSI JAPANではスタッフに理論、作業方法などのトレーニングも義務づけています。また常に高品質なサービスを提供するため、エンジニアの技術育成と品格育成に力を注いでいます。

MSI JAPANでは常に素晴らしいエンターテイメント空間を演出できる人材を育てるために、理論、実践的な教育を行っています。
安全性を最優先に、機材の基本構造を理解し応用力をつける訓練。段取りを事前にシミュレーションすることにより作業の流れを効率化するトレーニングなど。機材トラブルに対して、いかに迅速、的確に対応するか、実際の作業手順にそったスキル習得をポイントに教育しています。

システムエンジニアの教育

多様化するコンサート・イベントに対応するため、ミキシングエンジニアだけではなく、スピーカーシステムのプロフェッショナルともいうべきシステムエンジニアの教育にも力を入れております。システムエンジニアとは主に大規模会場においてミックスポジション以外の場所もパーフェクトに調整する役目で、現代のSRシーンにおいてFOHエンジニアに次いで非常に重要なポジションです。
MSI JAPANでは、MARTIN MLA、d&b Jシリーズ、L-ACOUSTIC K-1、V-DOSCをそれぞれの音楽ジャンル、会場等多様なニーズに合わせて使い分けており、それぞれのスピーカーのシステムエンジニアには必要な技術レベルがあるためそれに見合った資格を得られるよう、必要な教育、訓練を行なっております。

MLA システムエンジニア

M-TECH
M-TECHとはMARTIN AUDIO MLAシステムについて徹底した特別なトレーニングを受け、あらゆるMLAの知識を取得したエンジニアのことです。この特別なトレーニングはMLAを購入した会社のエンジニアであることを前提に受講することが許され、MARTIN AUDIO社より認定書が授与されたエンジニアのことです。

K システムエンジニア

KSE (K System Engineer)
L-ACOUSTICS社製品での最も高いレベルのシステムエンジニア。下記のスキルを有します。
・サウンドデザインとシステムの測定。
・K1,V-DOSC,dV-DOSC,KUDO,それぞれにおいて広範囲な知識を有する。
・WSTシステムの理論について、完全に理解できている。
・L-ACOUSTICSのSOUNDVISIONソフトウェアを容易に実演できる。
・システムの配置とチューニングのための測定ツールの使用が可能。
・LA-RAK/LA8/NETWORK MANAGERプラットフォームとDSPライブラリを自由に駆使できる。
CVE (Certified V-DOSC Engineer)
認定されたV-DOSCのシステムエンジニア。QVTの養成を行なえます。
QVT (Qualified V-DOSC Technician)
技術面でCVE以下の理解者、現場でV-DOSCをあつかう資格を有するものです。

人材育成

安全性の確立  RIGGING WORK

Flying Speakerの基本構造理解と応用。
段取りを事前にシミュレートしイメージすることにより作業の流れが良くなる事を習慣化させます。

地球に引力があるかぎり、物は落ちるのです。
事故は発生するのではなく、起きる原因が必ずあるという事を忘れてはならないのです。
( SSR College リチャード ハートマン氏 講義 リギング・ハンドブックからの引用 )

この言葉をコンセプトにMSI JAPANでは安全性を最優先に素晴らしい音楽を提供できる努力を続けています。

具体的な教育内容として

安全性の確立

リギング基礎理論の理解と現場での応用力を習得する。
リギング部材の基本 構造理解と安全基準・ルールに沿った使用方法を習得する。

理解力

やるべき事の内容を的確に把握、実践する能力をアップする。
アイデア、発想でより良い方法を発見できる能力を習得する。

作業時間

作業所要時間を短縮する為の方法を身につける。
作業の流れが良くなる方法を習慣化させる。

実際の作業手順にそったスキルアップ|INPUT/OUTPUT WORK

機材トラブルに対して、迅速・的確に対応出来る人材育成をポイントに教育を行っています。

具体的な教育内容として

電気基礎理論の習得

サウンドカンパニーの一員として必要な電気知識を習得する。
音響機器の使用、管理に必要な技術力を習得・アップする。

音響基礎理論の習得

音を創りだすために必要な感性・知識を習得する。
問題解決方法の手段を具体的に表現できる知識を習得する。

実務訓練

理論だけにとらわれない意識を成長させる。
数パターンのステージプランでインプット作業を実践する。
理論・知識を使ってノイズ発生などの問題解決を実践する。