現場インタビュー

ハウスエンジニア 中島 結花

最初の頃毎日泣いていた私ですが、
上司から『ここまでやって来て良かったね』
と言われて本当に嬉しかったです

入社した理由は?

最初はMSIのことをよく知らなかったのですが、専門学校にいる中で現場にアルバイトとして参加する機会があり、その現場の音を聴いて感動したのがMSIを選んだきっかけです。その後就職活動をすることになった時に、思い切って応募しました。

今担当している仕事は?

働き始めて9年目になりますが、専門のエンジニアとしては、とある女性アイドルグループの担当をしています。全体の仕事としては、2018年の春からハウスエンジニアとして関わることになり、様々なホールを回っています。

ハウスエンジニアを任されるようになって変わったことは?

今までなんとなくやっていた部分があったと思うのですが、自分で仕切らなければいけないことが多くなり、そのための研究や分析が必要になりました。今はまだ不慣れな分、すぐ手一杯になってしまいますが、充実した気持ちを感じています。

最近の仕事で印象に残っていることは?

ハウスエンジニアをしながら、スケジュールの都合でステージマンも同時にこなさなければならない大変なことがあったのですが、先輩方が余裕を持って対応しているのを見て、具体的な仕事の改善点が見えたことです。入社して9年目ではありますが、今年は得るものが非常に多かったと思っています。

会社で楽しかったことは?

今は機会が少なくなりましたが、会長が大阪出身ということもあり、たこ焼きパーティーをした時は楽しかったですね。会長は契約社員でも全員名前を覚えていて、指導もフランクにしてくれるので、社員の人気は高いです。あとは、仲間と他愛とない話をする時。ハマったらすごい性分の人が多くて、テレビ番組やアニメの話でものすごく盛り上がることがあります。

これからMSIを志す方にメッセージをお願いします。

私が入社した頃は本当に仕事ができなくて毎日泣いて、上司にもすぐ辞めると思われていたようなんですが、最近「ここまでやって来て、本当に良かったね」と上司に言われてとても感動しました。音楽が好きで、やってみて少しでも楽しいと思えるなら、続けた後にきっといいことがあります。ぜひ諦めずに頑張ってほしいです!

TOP